読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NIL_MATOME

自由に書きたいことを書く...

C.R.A.Cアカウント凍結!どうなるパヨク界隈!

SNS 事件 速報

C.R.A.Cアカウント凍結

3月17日、野間易道のTwitterアカウント凍結に続いて野間易道が使用していたアカウント『C.A.R.C』(@cracjp)や(@crac_youth)がTwitterアカウント規約に違反しているとして凍結された。我那覇真子氏(琉球新報沖縄タイムスを正す県民・国民の会)に対しての差別的発言や野間易道(@kdxn)がアカウント運営に関わっていることが判明したことが大きな要因だろう。

C.R.A.Cとは

C.R.A.C(クラック)は『レイシストをしばき隊』の解散後に発足したしばき隊の残党組織で桜井誠をはじめとする『在特会在日特権を許さない市民の会)』や『行動する保守』、『日本第一党(にっぽんだいいちとう)』を標的として彼らの活動に対して道路交通法を無視したカウンターデモや集団での暴行を行う。

主な人物

・野間易道(1966~現在)…50歳、身長147CM。愛称はゴブリン。レイシストをしばき隊(現:対レイシスト行動集団)の主宰者。
・菅野完(1974~現在)…43歳。現在は森友学園の代理人を務める。現在は脱会している。
有田芳生(1952~現在)…65歳、日本共産党に所属したのち民進党所属の参議院議員となる。
・李信恵(1971~現在)…47歳。東大阪出身の在日朝鮮人

このようにC.R.A.Cには参議院議員から在日朝鮮人までさまざまな人物が所属する。市民団体とはいえ、参議院議員がこのようなことを行ってよいのだろうか。

有田芳生の裁判

有田芳生参議院議員桜井誠日本第一党党首にヘイトスピーチを行った件で桜井誠が彼に損害賠償を提起した裁判の第四回口頭弁論まであと20日となりました。3月23日(木)15:00から東京地裁429号法廷で開かれることとなった。
現職の参議院議員が罰則がないとはいえ、ヘイトスピーチ抑止条例に違反するという行為は如何なものなのだろうか。
恐らく有田議員には対象の損害賠償責任が課せられるものであろう。
C.R.A.Cの件も含め、これからのパヨク界隈がどのように変化してゆくのかを調べていこう。

これら2件によっておこる変化

日本第一党党員の増加

これら2件を産経新聞社が懸命に報じているなどしている為、政治思想問題で悩みのある人間が右傾化しやすくなるのではないのだろうか。それにより日本第一党党員が増え、選挙に立候補できる人間が増えることを期待する。

パヨクしばき隊の壊滅

しばき隊やのりこえネット等の極左テロリスト集団に賛同する人間が減少し、しばき隊残党に至っては日当がもらえなくなるために壊滅するだろう。

最後に

今回パヨク界隈が壊滅への第一歩を歩みだしたということなので日本の国益にとって非常に良いことである。いつもパヨクは日本第一党の成長を手助けしてくれている。