NIL_MATOME

自由に書きたいことを書く...

本日のニュース【日本第一党・金正男・森友学園】

桜井誠率いる日本第一党、本日結党大会

在特会会長桜井誠率いる政党日本第一党が本日二六日、結党大会を東京江東区の東京潮見駅前のアパホテルで行うことが分かった。
日本第一党によると結党大会の模様の一部を生放送配信サービス「ツイキャス」で配信するとのこと。
日本第一党は「ジャパン・ファースト日本第一主義)」を掲げ、日本の国益、日本人の権利を守るとして、在日支那朝鮮人などの戦後日本人と偽って入国した人民とその子孫の特別永住資格の廃止、移民受け入れ阻止、外国人への生活保護廃止を主な政策として打ち出す。
昨年7月には都知事選に出馬。外国人の生活保護停止などを公約に掲げ、街頭での選挙演説では「日本で生活保護をもらわなければ今日明日にも死んでしまうという在日がいるなら、遠慮なく死になさい」などと行っていた。
都知事となった小池百合子氏の約291万票に遠く及ばなかったものの第五位となる約11万4千票を獲得。その後、日本第一党を立ち上げ、自身のブログで「すべての地方議会の多数派を握ること」を目標に掲げ、党員を募集していた。

森友学園、不認可可能性の言及

大阪市の学校法人「森友学園」が小学校用地として大阪府豊中市の国有地を鑑定額より安く取得したとマスコミが騒いだ問題に関し、松井一郎知事(日本維新の会代表)は25日、「森友学園が安定した経営ができないようであれば認めるわけにはいかないというのが府教育庁の立場だ」と述べ、鑑定問題とは関係なしに小学校設置を認可しない可能性に改めて言及した。大阪市内であった党の会合で語った。
また松井氏は建設現場から掘り出したごみの一部を運動場予定地に埋め戻したとする土木業者の証言を踏まえ、豊中市に対し、再調査して早急に報告するよう求めたことを明らかにした。

金正男、暗殺報酬1万円

北朝鮮金正男氏が殺害された事件で、実行犯として逮捕されたインドネシア人の女が、報酬として日本円でおよそ1万円受け取ったと話していることがわかった。
実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ アイシャ容疑者に、25日、インドネシア大使館の職員が初めて面会した。
インドネシア大使館職員「シティ アイシャ氏は、男から400リンギット(約1万円)受け取ったと。(Q:液体が危険物と知っていた?)油のような、ベビーオイルのようなものと彼女は思っていた」
シティ アイシャ容疑者は、日本円でおよそ1万円の報酬で、いたずら番組の出演に承諾したと話し、「犯罪に関わっているとは思わなかった」と訴えたという。
依頼をしたのはジェームスとチャンという男で、日本人か朝鮮人のように見えたと話しているが、この2人がマレーシア警察の追っている容疑者らかどうかは不明。
一方、警察が重要参考人として追っている北朝鮮大使館のヒョン・クァンソン二等書記官が、事件後の週末に、クアラルンプール市内のレストランを訪れていたことがわかった。他の客からも見える席で食事をしたが、他人の目を気にする様子はなかったという。
韓国レストランのオーナー「深刻な雰囲気はなかった。どうしてこの敏感な時期に全然気にしていないのかと思った」
マレーシア警察は、この二等書記官から事情を聞くため、北朝鮮大使館に協力を求めている。警察幹部は、事情聴取に応じない場合は、逮捕状を請求する考えを示している。

広告を非表示にする